*相關資源

2007年にバイオテクノロジー知的財産研究所が設立されました

研 究チームは、ナノマテリアル、標的薬物動態工学、ペプチド工学、天然物抽出、バイオリアクター、ジェネレーションエンジニアリング、ナノ化、インテリジェ ントキャリア、リポソームなど、生物医学情報科学と関連する知的財産の統合に優れています。学際的かつナノサイエンス的な視点から、化学工学、農業、環 境、生態学、グリーンエネルギー、グリーン建築物の関連トピックを研究することを約束し、生態系サービス評価のケースを担当します。

この研究所の2つの主要プロジェクト:

  1. 他 の学術研究ユニットを支援するためのトレーニングコースを組織し、関連する製造業者と政府の部門は、主要な技術を強化するために、ナノバイオマテリアル、 知的財産、マーケティングの知識を習得する人々を養成します。最後に、我が国のナノバイオマテリアル技術の国際競争力と知的財産の国際的地位を強化しま す。

  2. 国内外の学術研究部門のナノバイオマテリアルと医療技術の研究成果を統合し、研究成果を梱包して知的財産製品を形成する。その後、知的財産を本会社に移管する。 関連する技術製品を販売し、関連する技術銀行を建設する。