石門科学基地

北海石門在来種の天然薬基地は2006年に設立されました。

1975年からの休閑地、自然豊かな山の麓、富基観光ヨットハーバーへは車で5分。
基地面積はおよそ1ヘクタールです、研究者はZanthoxylum ailanthoides、Eleutherococcus senticosus、Lonicera japonica、Ficus carica、Vitis amurensis、Lilium formosanum、Zelkova serrate、Psidium Guajava Lを含む貴重な在来種を発見した。現在、私たちは自然農業と生態学の関連テーマに焦点を当てて研究しています。公園内にはさまざまな植物が保存されただけでなく、抗フリーラジカル、抗癌、抗菌、他の研究ユニットとの生化学的酸素需要の増加などの研究にも協力しました。私たちは自然と有機の生活を愛する人々に、この機会に有機栽培の実践に参加し、自然の楽しさを体験し、自然と有機の生活から「多くの利益」を理解できるようにしています。2018年に建設許可証を申請し、公園建設を開始する予定です。

海と山に囲まれた公園の環境を考えるために、建築設計はエコハウスとします。
教育訓練カンファレンスセンター、ギリシャのマナービジネスバケーションB&B、在来種植物の健康食品と料理教室、薬草栽培温室、自然植物園、自然湿地教育公園などの目指します。